食事の制限

大腸内視鏡検査前の食事

検査前の食事

検査前の注意事項として食事の制限があります。特に気をつけないといけないのが、きのこ類や粒や種のある物、トマトなどの植物性の皮になります。また、検査前日には食事は軽くし、就寝前には、腸を動きやすくするために薬を服用します。また、検査当日は朝食を食べることができません。もし、お腹が空いてしまい我慢できない場合は、砂糖を舐めたり、透明なジュースを飲むことが許されています。その他、水やお茶は水分補給の際に飲んでも問題ありません。そして、検査を受ける際に別の治療を受けている方は、治療を受ける約2時間前には薬の服用をするようにしましょう。

食べていいもの

検査を行う際には便のない状態の腸にしたいため、消化に良いものを摂取する必要があります。おすすめされているのが、おじやや柔らかいうどんといったお腹に優しくやわらかめの食事です。

食べてはいけないもの

検査前に食べてはいけないものは、繊維の多い硬い食品や油の多い食品、乳製品といったものになります。もし、自分では判断できない場合は担当する医師や看護師が詳しく説明してくれるので確認をとっておきましょう。

広告募集中